マヌカハニーとは?


マヌカハニーって何?

マヌカハニーとはその名の通りマヌカの花のハチミツのことです。 ニュージーランドで古くからマオリ族の間で使われていた「マヌカハニー」12月その広大な土地に一斉に咲くマヌカの花から採取されます。

 

マヌカハニーが高い理由

☆マヌカハニーの一部に特別な成分が含まれているから。

☆特別な作用があるマヌカハニーはニュージーランドでしか取れないから。

UMF®マヌカハニーの中でもトップレベルの
養蜂及び原料管理とは!?

神聖なるマオリの土地での採取


「MISマヌカハニー」のマヌカハニーはニュージーランド北島にある20万ヘクタールある広大なマヌカの森で採取されます。
地平線まで永遠にマヌカの木が続いています。
このマオリ族所有の森は許された人しか入れない神聖な土地です。

またマヌカの森の中でも低木のマヌカが多く非常に質の良いマヌカの産地でもあります。

11月から1月にかけ森を白(一部ピンクもあります)一色にするマヌカの花。
たくさんのミツバチたちがMISマヌカハニーを作ってくれています。

採取地自体の衛生管理


MISマヌカハニーの産地イーストケープの森は徹底的に衛生管理されています。
常にパトロールを行い、侵入者や異物の内容かんりしています。
また、動物の死骸等のバクテリア繁殖元がないかも厳しいチェックが行われ、森自体が高度な衛生管理下にあるわけです。

採取時の衛生管理


もちろんハチミツ採取時も徹底した衛生管理化で行われます。
使われる底上げされた養蜂箱は地面との直接の接触を避けるためのものです。
地面からの雑菌、ウィルス、バクテリアの混入を防ぐためです。
採取されたハチミツはそのまま丁寧にラッピングされ工場に運ばれます。
またすべての作業を”作業員”だけでなく”監視員”付きで行われます!
え?ハチミツに?ってほど厳重に行なわれています。

最も重要な採取に対し、これだけ慎重な管理をしているのが、UMF®マヌカハニー「MISマヌカハニー」なんです。
これがUMF®マヌカハニー「MISマヌカハニー」の「本物」である所以です。
さてさて、このページもたくさん出てきたUMF®っていう表記ですが、まだまだ日本ではなじみのない言葉です。
「結局UMF®ってなんだっけ?」「で、このハチミツはいったい何が違うの?」という質問に答えるべく次項目ではUMF®について重点的に説明したいと思います!

特別な力を表す「UMF®」

UMF®=ユニークマヌカファクター 実はこの特殊な力の指標がUMFなんです。 UMF®=ユニークマヌカファクターの略でニュージーランドのラボラトリーで検査され数値化されます。

マヌカハニーの”特別な力”。それが明らかになるにつれ様々な問題が発生しました。
30年ほど前ニュージーランドから世界中で注目され始めたマヌカハニーの”特別な力”はマヌカハニーの中でも一部のみに見られる抗菌性であることがわかりました。
研究が進むにつれ、この”特別な力”は、マヌカハニー全体の収穫量のうちおおよそ10~20%しか見られないことがわかっていきます。
そこでマヌカハニーを区分けする必要が出てきます。その指標がUMF®です。
マヌカハニーが体に良いわけではありません。”特別な力”を持つ「UMF®マヌカハニー」が価値があり希少なのです。

しかしそこで残念な問題が出てきます・・・・。マヌカハニーが抱える大きな問題とは?
マヌカハニーが抱える大きな問題。それは…「偽装品」です。

実はマヌカハニーはUMF®の有り無しで味にほとんど違いがありません。

”特別な力”のない安価なマヌカハニーを高値で売る業者がでてきてしまったのです。
そこで登場したのが ニュージーランドのハチミツ協会「UMFHA」です。

http://www.umf.org.nz/
UMFHAでは、UMF®マヌカハニーを取り扱う企業をライセンス化し、マヌカハニーの評価基準を規定しています。
また各国市場の調査を行い流通を管理し、粗悪品の販売を行う企業に対する排除をするなどの対策を講じています。
排除されたブランドは協会からの認定マークであるUMF®マークを標榜することができません。
ある国のUMFHAの調査では流通しているマヌカハニーの3分の2で表示と中身の一致がとれませんでした。
UMF®表示をきちっとできるか否か。それが本物か偽物かの判断基準だと思ってください。
私たちが提供するマヌカハニーにはもちろんUMF表示のある「本物」です。

この特別なハチミツは是非日本で正しく流通させたい!これが私たちの基本理念にあります。
是非この”本物”をお試しください。

マヌカハニーの殺菌力はUMF®という数字で表しています。
マヌカハニーが持つ特有の成分はUMF®(ユニーク・マヌカ・ファクター)と呼ばれる基準で含有量を数値で表しています。
以前にも説明させていただきましたが、UMF®はニュージーランドの蜂蜜協会認定の指標です。

具体的なチェックまでの流れを言えば

採取されたマヌカハニーはドラム缶で保管されます。

一定期間保管したマヌカハニーはドラム缶ごとにサンプリングされ
ニュージーランドのラボラトリーで検査をうけます。

ドラム缶ごとにUMF値が付与されます。

ただここで出てくるUMF®値とは例えば「15.2」とか「10.5」とか細かい数字になります。
数値が高いと希少性も上がるため価格も高くなりますが、区分けがあまり細かいと解りにくくなってしまいます。

 

そこで!

ニュージーランドでは一般的に〜以上を表す
「+」を使うのです!

 

一般的にUMF®マヌカハニーは5〜10未満、10〜15未満というように、5.0ごとに区分けされています。
例えば、10+はUMF®値10.2とか14.1といった10以上15未満のものをまとめて扱い表記しています。
ですから15+は15以上で20未満であることを表しています!
皆様も購入される際はUMF®の数値をよく確認してください。
UMF14.9とUMF15.1であればUMF®値はほぼ同じですが、価格は大きく異なります。
この場合10+を買ったほうが大分お得になるわけですね。
それと最近ニュージーランドで表記に関する重要なルール作りがなされました。
2015年の1月1日より、有料誤認表記を避けるため、『トータルアクティビティ』や『アクティブマヌカハニー』、『バイオアクティブ』などの表記が禁止されました。
世界中で、ラベル表記が信用できないマヌカハニーが氾濫してしまっていますので、消費者にとってはとても良いルール作りです。

世界的にもUMF®認定がマヌカハニーの安心の証となっていきそうです。

 

今後とも安心のUMF®ブランド「MISマヌカハニー」をよろしくお願いいたします!