なぜ薬剤師が勧めるの?


私たち薬剤師が自信を持ってお薦め致します。

「なぜ薬剤師が薦めるの?」~ハチミツと薬剤師の素敵な関係~
今回はUMF®マヌカハニーを、何故私共が取り扱うようになり、オリジナルブランドMISマヌカハニーを誕生させたのか?
その経緯についてお話します。
実は我々株式会社メディカルインキュベーションシステム(MIS)はなんと社長も事業担当者も薬剤師なんです!
数年前にこのUMF®マヌカハニーと出会いこの不思議なハチミツに興味を持った社長は自らニュージーランドへ足を運び、その価値と可能性に惚れ込んでいきました。
なぜ惚れ込んだのか?それは薬剤師が関わることでこの商品が生きてくると感じたからです。


 

【UMF®マヌカハニー】と薬剤師がマッチングするの3つの素敵ポイント!

    • UMF®マヌカハニーの素敵その①
      日本での研究は未だ多くはないですが、世界では数々の研究がなされ論文発表されているということ。
      論文検索サイトPubmed 「manuka honey」検索結果170件(2014年9月)
      英論文が読めて判断できる薬剤師でないと商品価値をお客様に伝えきれません。
    • UMF®マヌカハニーの素敵その②
      UMF®マヌカハニーの産地、ニュージーランドとお隣のオーストラリアでは、「UMF®マヌカハニー」が医薬品として使われていること。
      オーストラリアでは火傷、褥瘡などの化膿の治療薬として認可されています。
      諸外国では薬局で販売されることも多いことも特徴です。
      医療をきちっと勉強した薬剤師でないと商品価値を正確にお客様に伝えきれません。
    • UMF®マヌカハニーの素敵その③
      第2回のレポートでお伝えした、不正流通の話。
      本物の商品をを薬剤師の目でチェックして流通させたいという思いがありました。
      実は薬剤師には「ニセ薬」を市場に出さないという使命があります。
      ちょっとマニアックな話ですが局法医薬品といって第3類医薬品としてもハチミツは記載されているんです。
      (誤解があるといけません!「MISマヌカハニー」は食品です!)
      
そこで我が社はニュージーランドのマヌカハニーブランドの中で最も薬剤師が販売するにふさわしい管理状態の商品を探しました。
      実はそれが「MISマヌカハニーの生産者のマオリ達」でした。

次回はさらに詳しく「MISマヌカハニー」の特徴についてお話ししたいと思います。
それではまた!